​ワタシが キモノの仕事をする理由

私が着物を着るようになったのは、6歳から始めた邦楽(箏)がきっかけです。

10年間、発表会では和装で演奏をしていました。

10代、展覧会のゴッホの絵画に感銘を受け美術の世界に転身します。

 

和装からは離れますが大学時代にアンティーク着物との出会いが訪れました。

「自由で大胆な構図」「鮮やかな色彩」「染織縫いの美しさ」。

それをコーディネートすることで、自分を表現する「媒体(メディア)」にもなり

かつ「実用的衣服」であるキモノに強く魅せられたのです。

大学卒業後、舞台美術を学びキモノの世界へ。

「販売」からスタートし、やること全てが楽しく無我夢中で取り組みました。

数年後、いろんなお仕事をさせて頂けるようになったのです。

 

「メディアスタイリング」

 自分のイメージを具現化できる楽しさ

●「コーディネート」

 お客様の魅力が引き出された瞬間の弾ける笑顔

●「お着付け」

 美しいカタチを作り上げる喜び

●「着付レッスン」

 自装ができた生徒さんの達成感

●「商品開発」

 「あったらいいな」を具現化出来る面白さ

どちらもやりがいあるお仕事ですが、その中でも特に思い入れが深いのがコーディネート」です。

コーディネートを通して、「自分らしさ」を表現することの「幸福感」「喜び」「楽しさ」を知りました。

​それまで自分に自信が持てなかった私が、初めて自分はこれでよいのだという「自己肯定感」にも繋ったのです。

そして、キモノは豊かな時間・ココロをもたらします。

天然素材に包まれる「幸福感」「癒し」「安心感」。

「手仕事の美しさ」「色を纏う喜び」「四季の豊かさ」そして「丁寧に物事と向き合うこと」。

心に寄り添い、人生に潤いを与え、ドラマティックに生活を彩り、時に背中を押してくれる

私にとって、キモノはそんな存在です。

キモノは、民族衣装であると共に私たちを幸せに導いてくれるツールでもあります。

キモノを通して、一人でも多くの女性がより幸せをまた身近に感じて頂ける活動を、続けて参りたいと思います。

「生命」「生活」「人生」「生涯」という意味を持つ「Life」。

命の誕生成長、結婚、人生の節目に慶びを表現する晴れ着。

生活に根差した、なにげない普段着。

そのどちらも、あなたの大切な人生​の1ページに刻まれます。

様々な側面から、皆さまの「キモノlife」のお手伝いができましたら嬉しく思います。

Atelier Rico

コバヤシクミ

Copyright(c)  Kumi Kobayashi All rights reserved.

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Google+ Icon
  • White Instagram Icon